9月ゲスト:グッチオ・グッチさん

各業界のトップランナーとの対談

  • わたなべ美樹さん
  • 上智大学名教授 渡部昇一さん
  • ブリキのおもちゃ博物館館長 北原さん
  • モデル 道端ジェシカさん
  • 行動心理学のスペシャリスト Dr.ディマティーニ
  • 評論家 櫻井秀勲さん
  • タレント 清水 国明さん
  • ジャーナリスト 田原総一郎さん
  • 経済アナリスト 森永卓郎さん
  • ベストセラー作家 中谷彰宏さん
  • ワーク・ライフバランスコンサルタント 小室淑恵さん
  • 元リッツ・カールトン日本支社長 高野登さん
  • 将棋棋士の羽生善治さん
  • SBIホールディングス代表取締役の北尾吉孝さん
  • 日本一の個人投資家で、竹田製菓株式会社会長の竹田和平さん
  • 米国在住の直感コンサルタントのリン・ロビンソンさん

...and more

みんなの感想

石田衣良さんとの対談を聴いて
神奈川県 / 男性
アイウエオーディオ倶楽部2016年6月号(Vol50)
 自分がアイウエオーディオ倶楽部のプロデューサーなら、絶対
にやりたいと思っていた対談がついに実現しました。実現してく
れたスタッフの皆さんに感謝です。めちゃめちゃ嬉しかったで
す。
 私が作家志望だったこともあり、石田さんの口から語られる作
家生活の話を興味深く聴かせていただきました。
 私自身が知らない、作家のデビューの難しさ、作家生活の継続
することの難しさを知り、驚かされました。また、作家になった
場合、どういう視点で読者に訴えていくのかについて、知ること
ができてよかったです。
 作家として生き残っていく人は、作り置きした原稿を出さな
い、自分の一番いい状態で書いた原稿を出すという話も、全く知
らなかったので驚かされました。

 対談を聞く前、私は、最初、石田さんは目標達成タイプだと思
っていましたが、実は展開タイプだと知りびっくりしました。
 展開タイプの石田さんが対談で表現される、ゆるさが非常に心
地よく、最後まで楽しく聴かせていただきました。
 石田さんから、鋭いと思わせる内容を聴くことになるかと思い
きや、ほんわかと感じる暖かい言葉をいただけて嬉しかったで
す。ありがとうございました。 
來夢さんの誠実な姿勢に感動
神奈川県 / 男性
アイウエオーディオ倶楽部2015年11月(Vol43)
以前、神田昌典さんの本で紹介されたことで、來夢さんの本を読
んだことがあります。どんな人なのかなと思っていました。
今回、声を聞くことができてよかったです。
対談の中で、來夢さんの少女時代、友達の相談役として活躍され
ていたことを知り、そのエピソードにびっくりしました。
旦那さんに止められても、相手のことを考えて、何度でも真摯に
相談に臨んでいく姿勢が、感じられました。
今、成功されているのは、その姿勢を相手に対して貫いてきてい
ることによるものなんですね。その誠実さに深く感動しました。
私はどうしても、相手のことをうまく考えてあげれないので、來
夢さんのこの姿勢を参考に、もっと優しくなっていきます。
対談を聞けてよかったです。ありがとうございました。
魂の声を聴く大切さがわかりました
神奈川県 / 女性
アイウエオーディオ倶楽部2015年8月号(Vol40)
四角さんの軽快な関西弁から出てくるヒトコトひと言に、何度も
うなずいていました。
会社員時代の違和感と、それに対する行動が、ライフワークを見
つけるプロセスを語ってくださったなぁと、思いました。
また、「好きなこと」をする一瞬を持っている人のエネルギーの
大切さも教えてくださったように思います。
マネタライズは別として、ライフワークと常に接する生活をする
こと。それが、自由で、豊かな毎日を送れることなのだと、理解
しました。
背骨がしびれる…頭に閃光が走ったような、心にポッと灯がと
もったような対談でした。ありがとうございます。
とても癒されました
鹿児島県 / 男性
アイウエオーディオ倶楽部2015年7月号(Vol39)
浅見 帆帆子さんと本田健さんの対談を、拝聴しました。

1番の感想は、とても「癒されました」ということです。
浅見さんの声はとても綺麗で聞きやすく、聴いているだけで気分
が良くなる感じがしました。

人生を上手く行かせるというと、何だか気合いを入れて、根性で
一生懸命にやるというイメージばかりがあります。

しかし、必ずしもそのパターンだけでなく、自分の直感を信じ
て、人生が自然と上手く流れていくという雰囲気が伝わって来ま
した。そして、その波動の良さが声を通じて伝わって来るような
感じがありました。

貴重な対談、感謝しています。
ありがとうございます。
明治天皇の。。。
東京都 / 女性
アイウエオーディオ倶楽部2015年2月号(VOL34)
まず、竹田恒泰さんの学生時代の話を聞い
て全くイメージが変わりました。本当に
様々な経験を経て、新しいことをどんどん
取り組んでいく方なのだなと思いました。

みんなの感想をもっと見る